モラルのない会社と社長のせいで残業代は出なかった

MENU

ベンチャー企業で、会計ソフトを開発してレンタルする会社でした。大手の会計ソフトに連携できて建設業界などの原価計算が楽に出来ると言うのが、セールスポイントでした。人数は開発やメンテが5人、営業などが5人ほどです。社長の奥さんが総務を担当して、あまり仕事をしないけど多くの給料をもらうよくあるパターンの会社です。ワンマン会社と言うやつですね。なんで残業代が出ないかと言うと、社長の取り分が減るからだと思います。面接の時は残業の計算方法などの書類を見せてくれたので、残業代は出そうだと思いました。しかし、毎日残業しているのに、残業時間の記録をしている人もいないし、タイムカードもありませんでした。先輩社員に聞くと改善するように言っても、この会社は社長自身の会社だから自由と言う主張をして聞き入れてくれないだろうと言っていました。職場は社長が失礼な事を言っても誰も注意をしません。社長が飲み会や朝礼で失礼な事を言って大笑いして、まわりの従業員は下を向いて黙っていました。社長の口癖は「当たり前なのに・・」です。いつもこの口癖を言って大笑いします。私は法律を守ったり残業代を払うという当たり前の事をしたらどうだと思っていました。従業員はそんなモラルのない職場にストレスが貯まっているのか、弱い立場の者をいじめるか、ゲームをして遊んでいる感じです。結局、私は社長に注意して平行線のような話し合いになり、退職する事にしました。